ビー ブレイブ。 ラグビー日本代表

ブレイブ ビー ブレイブ ビー ブレイブ ビー

続く7月3日にアイルランドのでと対戦、31-39で敗れた。 既にW杯出場を決めていることもあり、カーワンに求められたのは本戦での実績。

ブレイブ ビー ブレイブ ビー ブレイブ ビー

また、パシフィック・リム選手権はカナダに32-31に逆転勝利 1997年5月18日、秩父宮 した以外は全敗し1勝5敗の最下位に終わった。

7
ブレイブ ビー ブレイブ ビー ブレイブ ビー

5,000. オールブラックス来日時の第2テストマッチで100失点以上を経験していたため、戦前から日本代表の大敗は予想されていたとはいえ、「の悪夢 悲劇・惨劇とも 」と呼ばれる歴史的な大敗を喫した。 この結果日本は14試合ぶりに敗戦を免れ、また、4大会ぶりに予選プール最下位を免れた。 秋シーズンは、国内で11月2日にニュージーランドと戦い、一時は五郎丸歩のPG2発で1点差に迫るが1トライも挙げることが出来ずに敗れる。

7
ブレイブ ビー ブレイブ ビー ブレイブ ビー

しかも代表監督ということになると、勤務先の住友銀行も許可を出さないだろうと思っていたが、白井と日比野が事前に住友銀行に根回ししていたこともあり、「出世に響いてもいいなら、やってみろ。 結果、BC代表には32-3で快勝したが、NZUには3戦全敗。

ブレイブ ビー ブレイブ ビー ブレイブ ビー

しかし、前半こそ9-17で折り返したものの、後半は雪辱を期していたスコットランドの一方的展開となり、9-47で完敗した。

5
ブレイブ ビー ブレイブ ビー ブレイブ ビー

それ以外の相手となると、の花園におけるイングランド戦の惜敗 19-21 があったとはいえ、1引き分けを挟んで19連敗を喫した。

ブレイブ ビー ブレイブ ビー ブレイブ ビー

ちなみに、日本代表の新任監督は、の以来、実に9年振りのことだった。 では、全チームに順当に勝利し、5連覇を達成。

11