ワード 行間 狭く する。 Word(ワード)の表で行間を詰める(狭くする)方法

行間 する ワード 狭く 行間 する ワード 狭く 行間 する ワード 狭く

私も、テストで文書を作ってみましたが、 「おお!こんな 便利な機能があるのか」と、 目からウロコ状態でした。 「段落」ダイアログでは行間を指定できない3以上の数値を指定できます。 ワードの行間とは、文字の大きさ+行と行の間にできる余白のこと 一般的に、行間とは文章の行と行の間にできる余白のことをいいます。

3
行間 する ワード 狭く 行間 する ワード 狭く 行間 する ワード 狭く

5であっても行の間隔を 9 pt に指定したことで文字が消えたですね。 内容はiPad、Excel、ショートカット、困ったを解決、デジカメ、安全対策など多岐にわたる。

8
行間 する ワード 狭く 行間 する ワード 狭く 行間 する ワード 狭く

文字サイズを14ポイントにしたときと同様、やはりこのとき、行間が広がってしまいます もう少し詳しく. すると、 このように、行間がすべて均等に広がりました。

行間 する ワード 狭く 行間 する ワード 狭く 行間 する ワード 狭く

問題は、どのように配置されるかです。 「ホーム」タブを開き、「スタイル」グループの「スタイル」ウインドウを表示させるボタンをクリックします。 文字をグリッド線に合わせる設定を解除する サンプルテキストのフォントサイズは10. そんな時は、次の方法で調整するとうまくいきます。

11
行間 する ワード 狭く 行間 する ワード 狭く 行間 する ワード 狭く

段落の設定画面が表示されます。 「段落間」とは、段落の前後に設定される間隔のことをいいます。

15
行間 する ワード 狭く 行間 する ワード 狭く 行間 する ワード 狭く

この[高さ]の場所ですが、 小数点第1位まで入力して指定することができます。 文字サイズが14ポイントになりましたが、同時に行間も広がってしまいました。 上記の 「 行間が狭くならないときの対処方法 」 で紹介したように 、フォントサイズを大きくしても小さくしても指定した行間サイズが固定されます。

1
行間 する ワード 狭く 行間 する ワード 狭く 行間 する ワード 狭く

段落ごとに細かく指定できるので、本文はやや狭めに行間を設定して、見出し部分は広めの行間をとって目立たせよう・・・という場合にも便利です。 文字を徐々に大きくしたとき、どのように配置されるかに注目してみてください。

6
行間 する ワード 狭く 行間 する ワード 狭く 行間 する ワード 狭く

確保した行間隔よりも小さいフォントサイズが入力されても 、「 最小値 」 = 「 最低の値 」なので行間がこれより狭くなることはありません。 0」をクリックする だけで完了します。 簡単にいうと、文字はグリッド線とグリッド線の上下中央に収まるように配置されます。

5
行間 する ワード 狭く 行間 する ワード 狭く 行間 する ワード 狭く

適当な箇所をクリックして選択を解除します 5. 「メイリオ」で行間が広がってしまう場合も同様です。