ケリー ちゃん の 怖い 話。 おばあちゃんが話したくない怖い話

夜中の死神 家系なのか血筋なのかわかりませんが、私の家族は代々霊感が少なからずあります。 火災前夜に夜のシフトがはいってて、ばあちゃんと3人の男の人が フロントで話してたらキィってドアが開く音を聞いたんだって。 女性の髪形について書くのは難しいのだが、 ロングヘアーでサイドに2つ持ち上げたみたいな感じ。

おやっと、思いました。

ある時ばあちゃんはあの紙切れの事を思い出した。 驚いて振り返ってみても、後ろには誰もいません。 とにかく、当時は一人で遊ぶ日々を送っていました。

12
しょうがなくばあちゃんは仕事を続けていた。

もう、私とは遊べないんだね。 「こんにちは。

納戸の開いた扉の向こうの奥の闇に、白いモノが浮かんでいるのが見えました。

実は俺その紙切れ見せてもらったんだ。

7
もちろん、両親にはナナちゃんのことは話せません。

張り紙アパート 私が大学生だった頃の話です。

人気の怖い話• 」 そして、ミラーに映った私の肩越しに、手を伸ばしてきました。

ばあちゃんはなんとなく違和感を感じていたそうだ。

20
そして、これもいつのことだったのかよく憶えていませんが、あるとき、その鏡を覗いてみると私の背後に、見知らぬ女の子が映っていたのです。 恐怖のあまり視線を外すことができません。

その子は、鏡の中からこちらを見て、ニッコリと笑いました。 誰に聞くのか分からなかったのですが、何となく聞いてはいけないことのような気がして、黙っていました。 でもばあちゃんがこの事件について語ろうとしないのはそれだけじゃなかった。

1
俺は、ははあ怖がらせようとしてるんだな、と思ってねだったら 「話したくない事だってあるんだよ!」と怒鳴られた。 南西の隅には納戸があり、古い道具や小物がしまってありました。