山田 詠美。 山田詠美 おすすめランキング (280作品)

『色彩の息子』(1991・新潮社)のち文庫• 現地で知り合った男性2人と恋愛関係になりますが結末は意外な展開なので、ハッピーで明るい恋愛ストーリーを読みたい場合には避けておいた方が良いかも知れません。

17
でも、夫と神戸の港近い定食屋で飲む昼酒とか、金額より相手や居心地が優先の傾向は変わっていないです。

だから学校で社会通念を叩き込むんですね。 大学時代はに所属したが 、他の部員とは話が合わず、浮いている存在だった。 ええ、そうです〉 「実はこのスノーの話について、ご自身の体験と重ねて感想をくださった方もいました。

19
第88回 該当作品なし• 第98回 『それぞれの終楽章』• 有名な1冊。

大人になるとは、進歩することよりも、むしろ進歩させるべきでない領域を知ることだ」 必ずしも「解決」や「進歩」を求めないで、受け入れていく秀美には、大人こそ学ぶ部分がある気がしました。 第108回 『佃島ふたり書房』• 女性の内面の複雑さをリリカルに描いた小説• 幼い頃は父親の仕事の都合で、各地を転々とする生活だったそう。 「敬語をきちんと喋ろう」「TPOに応じた格好をしよう」などと口うるさく指導する。

9
社会から押し付けられる奇妙なルールに疑問を持っていて、真っ向から本心をぶつけていく主人公の姿に共感を得る人もいるでしょう。 『ウォッカ・ニット』 2002年7月 ソニー・ミュージックレコーズ• 恋愛だけに限らず、女の子が大人の女性に変化していく一瞬を切り取ったようなお話が多いです。

商品リンク• 第53回 「虹」• 残された者たちは、彼の存在が自分たちをひとつの家族たらしめていたことに気づくのです。

学生時代を経験した人なら誰しもが1度は抱いたことのあるような不安や焦り、葛藤が見事に描かれています。

漫画研究会に所属し、在学中にデビュー。

13
すると、自分の内なる小説家のプリズムとも言えるものが既存のモラルなどとはまったく無関係なところで、罪の濃淡や明度などを選り分けて、私の心に映すのです。

小さな子供が大人のすることを真似したがるように、女子高生たちもまた少しでも大人に近づこうと背伸びをするのです。

5
人生の残された時間を考え、死を意識するほどに、その恋愛は盛り上がります。 まだ大人じゃないけど、もう子供でもない……高校生たちの恋に揺れる日々を描いています。

それからというもの、漱太郎は夢生にだけ「ジェントルマン」ではない一面を見せるようになりました。 美しい南国の風景が詩のような文体で描かれています。 ほか、「検温」「フィエスタ」「シャンプー」があります。

8
青春小説が大ヒットした作家でもあります。 主人公の女性は、同僚の既婚男性と肉体関係を持ってしまいました。