焚書 坑 儒 と は。 焚書坑儒

は 儒 と 焚書 坑 は 儒 と 焚書 坑 は 儒 と 焚書 坑

はこれについて臣下に議論させたところ、李斯が反論した。 しかし始皇帝は淳于越らの意見を却下した。 のきっかけを作ったのは淳于越という博士だった。

10
は 儒 と 焚書 坑 は 儒 と 焚書 坑 は 儒 と 焚書 坑

この時、方士だけでなく、当時書生と言われた儒学者も含まれていた。

3
は 儒 と 焚書 坑 は 儒 と 焚書 坑 は 儒 と 焚書 坑

はこれを裁可した。 仮に「轆」を用いる根拠は に基づく。 李斯の弾圧の根拠は、儒家は過去の時代を理想化し、現代を批判して人々を惑わしていること、皇帝の出す法令に批判を加え、その権威をあやうくしていること、などにあった。

は 儒 と 焚書 坑 は 儒 と 焚書 坑 は 儒 と 焚書 坑

籍曰:『書足以記名姓而已。

5
は 儒 と 焚書 坑 は 儒 と 焚書 坑 は 儒 と 焚書 坑

権力=「けんりょく」と読み、他人を支配して従わせるちから。 重要語の意味 焚書=「ふんしょ」と読み、書物などを焼いて読めなくすること。

5
は 儒 と 焚書 坑 は 儒 と 焚書 坑 は 儒 と 焚書 坑

あなに落とす」の意で、「坑儒」は「儒者をあな埋めにする」の意・ここの詩句で「坑灰」と使う場合の「坑」は名詞の「あな」。 』於是 項梁乃敎 籍兵法, 籍大喜,略知其意,又不肯竟學。

12
は 儒 と 焚書 坑 は 儒 と 焚書 坑 は 儒 と 焚書 坑

) 逐日巡海右 驅石駕滄津(日を逐って 海右 ( かいゆう )を巡り、石を駆って滄津に 駕 ( か )す。

5