イェãƒŦナ é€˛æ’ƒ ぎ åˇ¨äēē。 ã€é€˛æ’ƒãŽåˇ¨äēē】イェãƒŦナはäŋĄã˜ã‚‰ã‚Œã‚‹äģ˛é–“ãĒぎかīŧīŧŸ

äŋĄåĨ‰ã—ãĻいたジãƒŧクぎ前でさえも最初からåŊãŖãĻいたというぎが銚きですね。 2,595â€ĸ ジãƒŧクからぎäŋĄé ŧが厚いīŧˆåŽ‰æĨŊæ­ģ計į”ģを唯一įŸĨãŖãĻいたīŧ‰â€ĸ ã‚ĸãƒĢミãƒŗは「もしかしたら、åˆĨぎ道が、あãŖたんじゃãĒいかãŖãĻã€ã€Œãã‚Œã°ã‹ã‚Šč€ƒãˆãĻしぞう」とčĒžã‚‹ã€‚

13
åˆ‡ã‚Šæƒãˆã‚‰ã‚ŒãŸãƒžãƒƒã‚ˇãƒĨãƒĢãƒŧムã‚ĢットãĢ、丸いįžŗã¯é€˛æ’ƒãŽåˇ¨äēēぎ中でもį‰šåž´įš„ãĒčĻ‹ãŸį›Žã‚’しãĻいぞす。

ã‚ĸãƒĢミãƒŗãĢã‚ŦãƒŗéŖ›ã°ã™â€ĸ イェãƒŦナはマãƒŧãƒŦãĢよãŖãĻæģ…ãŧされたå›Ŋぎå‡ēčēĢで、įĨ–å›Ŋã‚’å¤ąãŖãŸåžŒã¯čĄŒãåŽ›ãĻもãĒくマãƒŧãƒŦぎå…ĩåŖĢとしãĻåž´į”¨ã•ã‚ŒãĻたと思われãĻいぞしたが、 それはįœŸãŖčĩ¤ãĒ嘘で、 イェãƒŦナぎæœŦåŊ“ぎį›Žįš„はエãƒĢデã‚Ŗã‚ĸäēēであるジãƒŧクをäŋĄåĨ‰ã—、「エãƒĢデã‚Ŗã‚ĸäēē厉æĨŊæ­ģ計į”ģ」ぎ原įžãĢå°Ŋ力しãĻæ­´å˛ãĢ名前をåˆģむためでした。 įŦŦ一、イェãƒŦナがボãƒŧトでæŧ‚ãŖãĻる時ぎæ ŧåĨŊ、 マãƒŧãƒŦå…ĩぎåˆļ服と同じãĒんすよ。

9
そもそも、ジãƒŧã‚¯ãŽã‚ˇã‚Ŧãƒŗã‚ˇãƒŠåŒēæąēæˆĻをčĻ‹ãĻも、čĒŋæŸģå…ĩå›ŖをåŖŠæģ…ãĢčŋŊいやãŖたäēēį‰Šã§ã‚る。 åŊŧåĨŗがæœŦåŊ“はäŊ•ã‚’č€ƒãˆã€ãŠãŽæ§˜ãĒį›Žįš„で動いãĻいるぎかをこれぞでぎ動向から推æ¸Ŧしたいと思いぞす。

åŧžã¯éŋけれãĒã„ã€æ’ƒã¤ã‹ã€čžãã‹ã€ã‚ã‚“ãŸé”æŦĄįŦŦだ、とãƒĒãƒ´ã‚Ąã‚¤ã¯į­”えぞす。 しかしį§ã¯ã€įĩæ§‹ãĒįĸēįŽ‡ã§ã‚¨ãƒŦãƒŗã ã¨č€ƒå¯Ÿã—ãĻいぞす。 とãĒると、 イェãƒŦナãĢはジãƒŧã‚¯ãŽč¨ˆį”ģäģĨ上ぎ、それãĒりぎį›Žįš„を持ãŖãĻčĄŒå‹•ã—ãĻいるようãĢ思えãĻäģ•æ–šãĒいぎです。

8
しかし エãƒŦãƒŗぎįœŸæ„ã¯åŽ‰æĨŊæ­ģ計į”ģとはåˆĨãĢあるため、äŊœč€…は最įĩ‚ã‚ŗマ候čŖœãĢ「お前はč‡Ēį”ąã ã€ã‚’挙げãĻいる。

がčĩˇã“したマãƒŧãƒŦåŧˇčĨ˛ãŽį›´åžŒã€ãƒ‘ナデã‚ŖåŗļへæˆģるéŖ›čĄŒčˆšãŽä¸­ãŽå ´éĸで名前が明かされる。

10
マãƒŧãƒŦčģãŽäēē間でありãĒがら、ジãƒŧã‚¯ãŽč€ƒãˆãĢåŋƒé…”しãĻいãĻ、反マãƒŧãƒŦとしãĻぎæ´ģ動をã‚ĩポãƒŧトしãĻいるぎです。 ãƒ”ã‚¯ã‚ˇã‚šãĢ尋問を受けるイェãƒŦナ。

エãƒŦãƒŗぎčŖåˆ‡ã‚ŠãĢé–ĸしãĻはぞたåˆĨ記äē‹ã§æ›¸ãäēˆåŽšã§ã™ã€‚

10
『最期はあそこãĢ行ãŖたことを垌悔しただろう』『čĒ‡ã‚ŠãĢæ­ģãŦことはãĒã„ã€ã¨č¨€ãŖãĻたくせãĢ、æ•Ŗ々äēēをį…ŊりぞくãŖたįĩæžœã€ãƒĢイãƒŧã‚ŧãŋたいãĢåŋƒč‡“捧げãĻæ­ģねることãĢすげぇæē€čļŗしãĻる垌čŧŠã‚’į”Ÿãŋå‡ēã—ãĄã‚ƒãŖãĻるし。 こぎčŖåˆ‡ã‚Šã€ãƒ•ãƒ­ãƒƒã‚¯ãĢとãŖãĻäŊ•ã‚’意å‘ŗするかãŖつãƒŧと、 č‡Ē分がしãĻきたことぎ全åĻ厚 ですよね。

ãĢわかãĢå…ĩå›Ŗが騒がしくãĒる中、マãƒŧãƒŦぎæˆĻåŖĢピãƒŧã‚¯ãŒčĄ—ãĢæŊœå…ĨしãĻいたâ€Ļ。 ジãƒŧクがマãƒŧãƒŦぎæˆĻåŖĢãĢãĒれるčĻ‹čžŧãŋがãĒいということをįŸĨãŖたクãƒĢãƒŧã‚Ŧãƒŧは、ジãƒŧクをæˆĻåŖĢãĢã™ã‚‹č¨ˆį”ģをčĢĻめ、グãƒĒã‚ˇãƒŖãĢé€˛æ’ƒã‚’įļ™æ‰ŋさせる斚向ãĢčģĸ換したぎだ、とč‡Ēåˆ†ã¯č€ƒãˆãĻいぞす。

9
そんãĒč€ƒãˆæ–šãŽãƒ™ãƒĢトãƒĢãƒˆãŽč¨˜æ†ļがあãŖたからこそ、ã‚ĸãƒĢミãƒŗはæŗŖいたぎかもしれぞせん。 ピãƒŧクãĢよるとイェãƒŦナは「įŽ‹å­æ§˜ ク と世į•Œã‚’救うåĨ‡čˇĄãŽį‰ŠčĒžã‚’äŊœã‚ã†ã¨ã—た」とぎこと。

ジãƒŧクをį›ŖčĻ–するãƒĒãƒ´ã‚Ąã‚¤ã¯ã€Œã‚¸ãƒŧクぎį§˜į­–がエãƒĢデã‚Ŗã‚ĸäēēを救う」ということį–‘問を感じãĻいる。 į§ãŒãã†æ€ãŖãĻいるį†į”ąã¯2つ。

16
そしãĻナã‚Ģゴ村ãĢ到į€ã™ã‚‹ã¨ã€ãƒ•ã‚ĄãƒĢã‚ŗはそぎåģƒåĸŸãŒãƒŠã‚Ģゴ村だというäē‹ã‚’įŸĨãŖãĻいぞした。