直列 6 気筒。 直列6気筒エンジンの特徴・搭載車種・メリットとデメリット

ただ、ベネリはマルチシリンダーエンジンに関するノウハウを持っていなかった為、ホンダ製4気筒エンジンを下敷きにしたとされ、エンジンの外観からもその相似性が見て取れるなど、オリジナリティーには欠けていました。

現在ではBMW Z4やメルセデスAMG GTがこのスタイルを受け継いでおり、今もスポーツカーのデザインのひとつとして残っています。

そこでピストンの上下運動が重ならないように、クランクピンの位相を3等分・120度間隔で配置すると、加振力は分散・相殺されてうまく消すことができる。

5
これまでのV型6気筒の代わりは、直列4気筒ターボになります。

エンジン管理システムはボッシュMEVD 17. また、中・小型の車では、縦置きでは長いパワートレインが収まりきらず、短いが必要となる。 排気量ではさすがに及びませんが、回転の滑らかさではV型8気筒よりも直列6気筒エンジンのほうが優れており、更にターボも搭載しやすいという特性があります。 その背景にあったのは「これからのエンジンは環境性能を高めないとイカン」という事情。

こちらのパッケージングでも、直6に追い風が吹いている。

なおBMW Z4のコンセプトモデルについては以下の記事でも取り上げているので、興味のある方はこちらもあわせて参考にしてみてください。 直列6気筒は復活するのか ところが昨年、メルセデス・ベンツがガソリン/ディーゼル共用設計の新型直列6気筒エンジンを突如市場投入した。

そのクランクシャフトも、片バンクが直3というレイアウト故に偶力が発生するため、カウンターウェイトの量ををセンターと両端で変えるというややこしい構造だ。 点火のタイミングも重要だ。

その後、マツダのフラッグシップセダン「マツダ6」に直列6気筒エンジンが搭載されるだろうという噂が浮上。

V型エンジンの特質 振動は単純に気筒数を増やせば少なくなるということもできるが、ここでも様々な制約がある。

2L に乗っていますが、短所はなんと行っても燃費が悪いことです。 系譜 [ ]• 640i グランクーペ F06• 排気量 2. 現在、想定されている直6はディーゼルのSKYACTIV-Dと、世界初の圧縮点火を実現したガソリンエンジン、SKYACTIV-Xとされている。 直噴の代わりに、バルブトロニックを止めている。

8
メカニズム的には中々に興味深いV型ではあるものの、複雑で高コストであることは否めない。 ほとんどエンジン全長と同じ長さがあるので、V6エンジンに対して直6エンジンのクランクシャフトは2倍の長さがあります。