接骨 院 医療 費 控除。 整骨院での施術は医療費控除の対象?医療費控除の基本を解説

医療 費 院 控除 接骨 医療 費 院 控除 接骨 医療 費 院 控除 接骨

皆様の保険料を適正かつ、大切に使わせていただくために、ご理解とご協力をお願いいたします。 9 次のような費用で、医師等による診療、治療、施術又は分べんの介助を受けるために直接必要なもの• 鍼灸院・整骨院に来るまでにかかった交通費。

4
医療 費 院 控除 接骨 医療 費 院 控除 接骨 医療 費 院 控除 接骨

医療費控除は、自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合には、一定の金額の所得控除を受けることができるという制度です。 258• 青色申告の場合は1台あたり30万円未満であれば全額経費処理できます。 なお、「保険金などの補てん金額」は、生命保険会社からの入院給付金や高額療養費、出産育児一時金などのことを指します。

医療 費 院 控除 接骨 医療 費 院 控除 接骨 医療 費 院 控除 接骨

そして、国家資格を持たない者の施術による治療も、医療費控除として認められていないのでご注意下さい。 (3) 身体障害者福祉法、知的障害者福祉法などの規定により都道府県や市町村に納付する費用のうち、医師等の診療等の費用に相当するものや上記 1 ・ 2 の費用に相当するもの• 保険の不正請求と医療費控除がごっちゃになってわかりにくくなっていると思いますので、整理しますね。

9
医療 費 院 控除 接骨 医療 費 院 控除 接骨 医療 費 院 控除 接骨

覚えておくと良いでしょう。 療養費支給申請書の内容をよく確認し、必ず自分で署名しましょう 療養費支給申請書は、受療者が柔道整復師に委任をし、本人に代わって治療費を当健保組合に請求し、支払いを受けるために必要な書類です。 内容を必ず確認してから委任状欄に署名しましょう 上記の通り、健康保険で受ける施術の場合、初診の際に保険証を提示するのは一般の医療機関にかかる場合と同様ですが、柔道整復師が作成した「療養費支給申請書」に書かれている内容(負傷名、負傷原因、施術内容や日数、金額など)を、受診者がちゃんと確認してから、委任状欄に署名することになっています。

7
医療 費 院 控除 接骨 医療 費 院 控除 接骨 医療 費 院 控除 接骨

書かれた内容を確認してから署名・捺印してください。 医療費控除の対象になるからと言って整骨院・接骨院や鍼灸院、マッサージ院の施術力が高いというわけではありません。

5
医療 費 院 控除 接骨 医療 費 院 控除 接骨 医療 費 院 控除 接骨

具体的には、骨折・不全骨折・脱臼・捻挫、打撲、挫傷だけが健康保険の適用となります。 外傷性の負傷でない場合は、健康保険は使えません。 ボクとっては当たり前のことだと思っていたのですが、一般的にはそうではなかったんですね。

16
医療 費 院 控除 接骨 医療 費 院 控除 接骨 医療 費 院 控除 接骨

)のうち一定の基準に該当する者が支払う自己負担金(平成20年4月1日から適用されます。 例えば腰を揉んでもらうという行為でも これはNGですね! 自費施術の項目でも説明したように 痛みを取るためという理由ではないからです。