Vtuber 投げ銭 ランキング。 YouTubeスーパーチャットの累計金額ランクが発表 上位7人が日本のVTuber

ルックスが売りになる顔面偏差値だ。

17
そこから会社と配信者へ分配されると思うので、何千万というお金をまるまる配信者が得られるわけではないでしょうね。

面倒なので説明は引用で済ませよう。 YouTubeがほぼ見られない中国を除いてもこれは相当高い割合で、投げ銭の多さについても、日本でのYouTube人気が大前提にあります。 現状はマグレでも運でもなかった。

天音かなた(日本) 4788万9028円 15位 Trilogy Media(アメリカ) 4388万2546円 16位 Noel Ch. 何でも良いのでランキングを眺めると、100〜200位のあたりにも知ってる人が結構居ます。 累計1億円以上を集めた桐生ココを筆頭に、世界トップ20に日本のライブ配信者が15人ランクインし、そのうち14人をバーチャルYouTuber()が占拠した。

ものすごい数字ですが、いわゆる「中の人」には何割ぐらい入るものなんでしょうか? 1億円は視聴者が送った投げ銭の総額なので、そこからまずAppleやGoogleの手数料約30%を引き、スマホからの投げ銭は支払い方法によってはさらにドコモなどへのキャリア手数料を引き、残ったものが収入になります。 この記事における11月16日時点のランキングによると、1位は「桐生ココ」の1億2924万円、2位は「潤羽るしあ」の1億2438万円、3位は「兎田ぺこら」の9883万円となっている。

8
作られた登録者数ではなく人気は本物という証左だ。

デビュー当初は、設定とはかけ離れたハイテンションなトークで視聴者を驚かせましたが、その後は、おとなしい妹キャラを演じて自己紹介をしてみたり、「まつりママ」と称してお姉さんキャラを演じたり、他のVTuberの声真似をしたりと、高い演技力を披露して話題を集めました。

12
しかし上位にランクインしたアカウントの多くは日本語で動画や配信を行っており、英語のチャンネルに比べると対象人数などは限られるはずだが、現実には圧倒的な存在感を発揮している。

VTuberがスパチャを受け取るには「チャンネルの登録者数が1,000人以上」「動画再生時間が4,000時間以上」などの条件を満たして収益化する必要があります。

結構多く感じますね。 日本人ってお賽銭の文化が元々あって、歌舞伎など舞台が終わった役者にご祝儀をあげる文化があり、オタク文化では投げ銭へと発展したから、日本人にはYouTubeの「スーパーチャット」の文化も難なく受け入れられた背景もあるのでしょう。

ニコニコ生放送のギフト ニコニコ生放送では、ギフトおよびVギフトという投げ銭システムが導入されています。

14
利用条件は登録者数3万人以上なので、一般人にとってはハードルが高い。

序者必衰である。 これまで、日本語が普通にできて英語も得意なVTuberというのはそこそこいましたが、日本語が片言で英語が堪能というVTuberはほとんどいませんでした。

2020年8月現在のチャンネル登録者数は46万9000人ですが、彼女のTwitterを確認すると2020年4月に20万人を達成したと報告していることから、たったの4か月で25万人以上登録者数が増えていることになる、人気急上昇中のVTuberです。