ãƒ­ã‚ˇã‚ĸãƒŗブãƒĢãƒŧ 名前ぎį”ąæĨ。 ãƒ­ã‚ˇã‚ĸãƒŗãƒĢãƒŧãƒŦãƒƒãƒˆãŽãƒ­ã‚ˇã‚ĸãƒŗãĻおういう意å‘ŗですかīŧŸãƒ­ã‚ˇã‚ĸで始ぞãŖãŸã‚˛ãƒŧム...

もとろん、もよおした時ãĢトイãƒŦãĢčĄŒã‘ã‚‹ã‚ˆã†ã€įŒĢぎいるįŠē間とトイãƒŦãŽå ´æ‰€ãŒčĄŒãæĨč‡Ēį”ąãĢãĒãŖãĻぞすīŧˆåŸēæœŦįš„ãĢは開け攞し、ぞたはįŒĢドã‚ĸīŧ‰ã€‚ で、äģŠæœčĩˇããĻチェックしãĻãŋたぎですが、全くトイãƒŦをしたį—•čˇĄãŒã‚りぞせん。 īŧ‘匚は、お母さんįŒĢぎ下、半嚴ãģおäģ–ぎ兄åŧŸãŸãĄã¨ä¸€įˇ’ãĢ育ãŖた子。

4
おãĒたかおįŸĨæĩã‚’ãŠč˛¸ã—ãã ã•ã„īŧ 昨æ—ĨからįŒĢをéŖŧい始めぞした。

ぞたは、åŊ“時、中å›ŊぎåēƒæąãĢあãŖたヨãƒŧロッパčĢ¸å›Ŋ所有ぎ倉åēĢãĢあãŖたビãƒŧã‚ēを、キãƒŖプテãƒŗクックぎようãĢčˆšã§ã‚ĸナ゚ã‚ĢãĢ運んだぎではãĒいかとするčĒŦ。

1
åŖã§ã‚‚įˆĒį ”ぎしぞすīŧˆã‚¤ãƒŠã‚¤ãƒŠã—ãĻいる時ぎこぎ子ぎį™–ですīŧ‰ おうやら寂しかãŖたようです。

éĒ¨æ ŧがį´°ãčƒ´ã‚„しãŖãŊã‚‚é•ˇã‚ãĒぎで、全äŊ“įš„ãĢã‚šãƒĒムãĒäŊ“型をしãĻいぞす。 名前ぎį”ąæĨ ãƒ­ã‚ˇã‚ĸãƒŗブãƒĢãƒŧぎ名前ぎį”ąæĨã¯ã€ãƒ­ã‚ˇã‚ĸぎįš‡å¸ãŒéŖŧãŖãĻいた青ãŋを帯ãŗたį°č‰˛ãŽæ¯›ä¸ĻãŋをしたįŒĢがきãŖかけで、イゎãƒĒã‚šã§ãƒ­ã‚ˇã‚ĸãƒŗブãƒĢãƒŧとå‘ŧばれるようãĢãĒりぞした。

7
ãƒ­ã‚ˇã‚ĸãƒŗブãƒĢãƒŧぎįļēéē—ãĒプロポãƒŧã‚ˇãƒ§ãƒŗをįļ­æŒã™ã‚‹ãŽãĢ運動はとãĻも大切です。 夏場は厤渊įŽĄį†ã‚’しãŖã‹ã‚ŠčĄŒã† ãƒ­ã‚ˇã‚ĸãƒŗブãƒĢãƒŧは寒い場所が原į”ŖぎįŒĢで、čĸĢ毛ぎ密åēĻがとãĻもéĢ˜ã„ため、寒さãĢはåŧˇã„ぎですが、暑さãĢåŧąã„というį‰šåž´ãŒã‚りぞす。

ã‚Ģワイイ名前ãĢするか。 ãĒぎで、į‰šåˆĨ、困ãŖãŸčĄŒå‹•ã‚’ã—ãĻいるč¨ŗではãĒいぎで ぞずは、ご厉åŋƒãã ã•ã„。 į§ã¯äģ•äē‹ãŽé–ĸäŋ‚でīŧ“回ãģおåŧ•ãŖčļŠã—ã‚’įĩŒé¨“しãĻいるぎですが、 į‰šãĢ怯えたり、åŧ•ãã“ã‚‚ãŖãĻでãĻこãĒくãĒãŖたり、ごéŖ¯ã‚’éŖŸãšãĒかãŖたりということはありぞせんでした。

14
ぞたč‚Ĩæē€ãĢãĒらãĒいようãĢしãŖかり運動させることも重čĻã§ã™ã€‚ グãƒŦãƒŧぎ毛ぎ中ãĢã¯æˇĄã„ãƒ–ãƒĢãƒŧãŒæˇˇã–ãŖãĻいることもあり、čĻ‹ãŸį›Žã¯ã‚°ãƒŦãƒŧですが、į§‘å­Ļįš„ãĢはブãƒĢãƒŧãĒぎです。

ãƒšãƒƒãƒˆã‚ˇãƒ§ãƒƒãƒ—ã§čĻ‹ã¤ã‘たら、åĨåēˇįŠļ態をチェックしãĻすぐãĢčŗŧå…ĨするようãĢしぞしょう。 åšŗ均å¯ŋå‘Ŋは10īŊž12æ­ŗとされãĻいることが多いようですが、åĨåēˇãĒ個äŊ“では17īŊž18æ­ŗãžã§é•ˇį”Ÿãã™ã‚‹å€‹äŊ“も時々いるようです。

4
čĻ‹ãŸį›Žã¯ãĄã‚‡ãŖとずんぐりしãĻいるぎですが、それはčĸĢ毛ãĢよるもぎで、原際ãĢはį­‹č‚‰čŗĒで子おもぎ頃ãĢはæ´ģį™ēãĢ駆け回るįŒĢãĄã‚ƒã‚“ã§ã‚‚ã‚ã‚Šãžã™ã€‚

ãƒ­ã‚ˇã‚ĸäēē名ãĢついãĻã¯ã€ã“ãĄã‚‰ãŽã‚ĩイトがčŠŗしかãŖãŸãŽã§å‚č€ƒãĢした。 ã‚Ēã‚šãŽãƒ­ã‚ˇã‚ĸãƒŗブãƒĢãƒŧぎ場合ãĢは、å°ŋčˇ¯įĩįŸŗį—‡ãĒおをį™ēį—‡ã™ã‚‹åąé™ē性がéĢ˜ããĒãŖãĻいぞす。

13
マãƒŗã‚ˇãƒ§ãƒŗãŖãĻ、é›ģæēé–ĸäŋ‚がぞとぞãŖãĻいるところが多いぎで、ビニãƒŧãƒĢã‚Ģバãƒŧをつける、しつけようぎ゚プãƒŦãƒŧãĒおでčŋ‘ãĨかせãĒいようãĢする、į­‰ã—ãĻおいた斚がいいと思いぞす。

」ということをäŧãˆã‚‹ã“とができぞせんぎで、äģ•č‰ã‚„æ—Ĩ々ぎį”Ÿæ´ģぎ中でぎį•°å¤‰ã‚’éŖŧいä¸ģさんが気ãĨいãĻあげるようãĢã™ã‚‹ã¨č‰¯ã„ãŽã§ã™ãŒã€ããŽãŸã‚ãĢはéŖŧいä¸ģさんがネã‚ŗãĄã‚ƒã‚“ãŽį—…æ°—ãĢついãĻぎįŸĨč­˜ã‚’æŒãŖãĻおくようãĢã™ã‚‹ã¨č‰¯ã„ã§ã—ã‚‡ã†ã€‚

それでは。 ã“ãŽč¨˜äē‹ã§ãžã¨ã‚ãŸã“とâ€ĸ ãã‚Œã‚‰ãŽå¤šããŒå“čŠ•äŧšãĢå‡ēるようãĒ血įĩąãŽã„ã„ãƒ­ã‚ˇã‚ĸãƒŗブãƒĢãƒŧです。