過 å‘ŧ吸 原因。 過å‘ŧ吸

パニック障åŽŗをåŧ•ãčĩˇã“すäģ•įĩ„ãŋ ではパニックぎį—‡įŠļがčĩˇãã‚„すくãĒるäģ•įĩ„ãŋを順ãĢ記čŧ‰ã—ãĻいきぞす。 マナã‚Ŋãƒŗ選手がゴãƒŧãƒĢ手前でナ゚ト゚パãƒŧトをかけゴãƒŧãƒĢしたそぎįžŦ間ãĢ過å‘ŧ吸į™ēäŊœãŒčĩˇãã‚‹äž‹ãŒå¤šã„といわれãĻおりぞす。 ぞた、 äēˆé˜˛ã‚’する場合は「业į”°å‘ŧ吸æŗ•ã‚’」厚期įš„ãĢčĄŒã†ã“ã¨ã§ãƒĒナック゚するįŠļ態をäŊœã‚Šå‡ēせるようãĢしぞしょう。

ãƒģ化å­Ļ受厚äŊ“īŧˆå‘¨čžēぎį‰ŠčŗĒãĢ反åŋœã—ãĻ、č„ŗぎå‘ŧ吸中æžĸãĢæƒ…å ąã‚’äŧãˆã‚‹åŊšå‰˛ã‚’持つīŧ‰ãŽį•°å¸¸ãĢよるもぎ 例īŧšäŊŽé…¸į´ čĄ€į—‡ã€äģŖčŦæ€§ã‚ĸã‚ˇãƒ‰ãƒŧã‚ˇã‚šīŧˆå‘ŧ吸äģĨ外ぎ原因でäŊ“内が酸性ãĢ傞くīŧ‰ ãƒģč‚ēや気道内ぎį•°å¸¸ãĢよるもぎ 例īŧšč‚ē気č…Ģ、間čŗĒ性č‚ēį‚Žã€æ°—įŽĄæ”¯å–˜æ¯ ãƒģ内分æŗŒįŗģぎį—…æ°—ãĢよるもぎ 例īŧšį”˛įŠļč…ē抟čƒŊäēĸ進į—‡ ãƒģč–Ŧ剤ãĢよるもぎ 例īŧšã‚ĩãƒĒチãƒĢé…¸ã€ãƒĄãƒãƒĢキã‚ĩãƒŗチãƒŗčĒ˜å°ŽäŊ“ãĒお ãƒģč„ŗįĨžįĩŒį–žæ‚ŖãĢよるもぎ 例īŧšä¸­æžĸįĨžįĩŒįŗģį—…変īŧˆæ„ŸæŸ“ã‚„č„ŗč…Ģį˜ãĒおīŧ‰ ãƒģそぎãģか 例īŧšéŽæ›æ°—į—‡å€™įž¤ãĒお こぎようãĢ、過å‘ŧ吸をį—‡įŠļとするį—…æ°—ã¯č¤‡æ•°ã‚ã‚Šãžã™ã€‚

å‡ĻįŊŽãŒé…れるとå‘ŧ吸困é›Ŗやチã‚ĸノãƒŧã‚ŧがčĩˇã“り、äŊ“å…¨äŊ“へぎ酸į´ ãŽäž›įĩĻが遅れ、į”Ÿå‘ŊãŒåąé™ēãĢさらされることもįã—くありぞせん。 45ãĢäŋãŸã‚ŒãĻいぞす。 そぎため、過å‘ŧ吸į™ēäŊœã‚’äŊ•åēĻもįš°ã‚Ščŋ”しãĻしぞう場合は、あらかじめä¸ģæ˛ģåŒģとį›¸čĢ‡ã—ãĻį™ēäŊœæ­ĸめぎ抗不厉č–Ŧをå‡Ļ斚しãĻã‚‚ã‚‰ã†ã¨č‰¯ã„ã§ã—ã‚‡ã†ã€‚

6
å‘ŧ吸性ぎ場合は、å‘ŧ吸数 換気量 がé–ĸäŋ‚しãĻいるため、酸į´ é‡ãŽæ¸›å°‘ãĢčĩˇå› ã™ã‚‹ã‚ĸã‚ˇãƒ‰ãƒŧã‚ˇã‚šã§ã¯ã€ååˆ†ãĒ換気を提䞛することがįŦŦ一とãĒりぞす。

č‹ĻしくãĻæ¯ãŒč’ããĒãŖãĻã„ã‚‹ã†ãĄãĢ、手čļŗぎしãŗれãĒおがå‡ēãĻくる場合です。 čēĢäŊ“ぎことやč‡Ē分がäģŠįŊŽã‹ã‚ŒãĻいるįŠļæŗã‚„į’°åĸƒãĒãŠã‚’å†č€ƒã—ã€į„Ļらず、čēĢäŊ“ãĢとãŖãĻį„Ąį†ãŽãĒいį¯„å›˛ã‚’čĻ‹æĨĩめることが大切です。

ãƒģč„ŠæŸąå´åŧ¯īŧˆããã‚ã‚“īŧ‰į—‡ č‚ēではãĒãč„ŠæŸą 背éĒ¨ ぎį—…気ですが、重くãĒã‚Œã°č‚‹éĒ¨ãŽå‹•ããŒäŊŽä¸‹ã—、å‘ŧ吸がしãĨらくãĒりぞす。 厉全ぎため、ペãƒŧパãƒŧバックæŗ•ã¯čĄŒã‚ãšã€äģ–ぎå‡ĻįŊŽæ–šæŗ•ã‚’čĄŒã†ã‚ˆã†ãĢしぞしょう。

æŦĄã¯æ„å¤–ãĢ思われるかもしれぞせんが、過å‘ŧ吸はピãƒŧクがīŧ“īŧåˆ†ãã‚‰ã„でīŧ‘時間äģĨ内ãĢはæ˛ģã‚‹ã‚ąãƒŧ゚が多いです。 しかし、は、å‘ŧ吸ができãĒくãĒるぎをį•°å¸¸ã¨æ‰ãˆã€ã•ã‚‰ãĢå‘ŧ吸させようとする。 į‰šãĢåŧˇã„゚トãƒŦã‚šãĢさらされやすい、゚トãƒŦã‚šč€æ€§ãŒäŊŽã„、ãĒおぎ場合ãĢは過å‘ŧ吸į™ēäŊœã‚’įš°ã‚Ščŋ”し、į™ēäŊœãŒæ—Ĩ常įš„とãĒãŖãĻいる斚もいぞす。

過å‘ŧ吸ぎときãĢæ‰‹ãŒå†ˇãŸããĒãŖたりしãŗれるぎはīŧŸ 過å‘ŧå¸ã¨ã¯ã€čĄ€ä¸­ãŽäēŒé…¸åŒ–į‚­į´ ãŒå°‘ãĒくãĒるįŠļæ…‹ã¨č¨€ã„ãžã—ãŸã€‚ æˇąå‘ŧ吸しãĻから息をãĩãƒŧãŖと吚く「č‚ē抟čƒŊ検æŸģã€ã‚’čĄŒã†ã¨ã€į°Ąå˜ãĢわかりぞす。

過å‘ŧ吸をåŧ•ãčĩˇã“すį—…気としãĻ、パニック障åŽŗやうつį—…、č‡Ēåž‹įĨžįĩŒå¤ąčĒŋį—‡ãĒおがよくįŸĨられãĻいぞすが、これらはおれも゚トãƒŦ゚がį™ēį—‡ãĢé–ĸäŋ‚しãĻいぞす。 手čļŗやåŖぎ回りが、しãŗれた感じがすることがありぞす。 ãĒぜæŗŖくことで過å‘ŧ吸į™ēäŊœãŒæ›´ãĢčĒ˜į™ēされãĻしぞうぎでしょうか。

【æŗ¨æ„ã€‘ペãƒŧパãƒŧバックæŗ•ã¯čĄŒã‚ãĒいīŧ 過å‘ŧ吸ãĢãĒるとį´™čĸ‹ã‚’åŖ元ãĢあãĻãĻå‘ŧ吸をするというå‡ĻįŊŽãŒæœ‰åã§ã™ãŒã€čŋ‘嚴こぎå‡ĻįŊŽã¯ã—ãĒいãģã†ãŒč‰¯ã„ã¨ã„ã‚ã‚ŒãĻいぞす。

これも拘束性č‚ēį–žæ‚Ŗと同様、č‚ē抟čƒŊ検æŸģですぐわかりぞす。 様々ãĒį—…æ°—ã‚’åŧ•ãčĩˇã“す゚トãƒŦ゚がこぎようãĒã¨ã“ã‚ã§ã‚‚éĄ”ã‚’å‡ēしãĻいるぎが非常ãĢ腹įĢ‹ãŸã—く思ãŖãĻいる斚も多いぎではãĒいでしょうかīŧŸįĸēかãĢ重į—…ãĢãĒることは少ãĒい過å‘ŧ吸ではありぞすが、初めãĻčĩˇã“ãŖた時はパニックãĒるãģおぎ恐怖がありぞす。

č‚ēæ°´č…Ģはå‘ŧ吸困é›Ŗをåŧ•ãčĩˇã“ã—ã€čƒ¸ãĢ息č‹Ļしさや重č‹Ļしさを感じぞす。 しかし、 過å‘ŧ吸ãĢ場合ãĢそれは逆劚果です。

ただし、これはあくぞで傞向ãĢすぎãĒã„ãŸã‚ã€ã“ãŽåą¤ãĢ芲åŊ“しãĒいäēēでも、į™ēį—‡ãŽå¯čƒŊ性はã‚ŧロとはいえぞせん。 īŧ’īŧŽæŗŖいãĻしぞãŖた時ãĢ過å‘ŧ吸į™ēäŊœã‚’čĩˇã“さãĒいためãĢは 過å‘ŧ吸į™ēäŊœã¯ã€įš°ã‚Ščŋ”されやすいことがįŸĨられãĻいぞす。

しかし、過å‘ŧ吸ãĢãĒãŖãĻいるæœŦäēēは「こぎぞぞå‘ŧ吸ができずãĢæ­ģんでしぞうぎではãĒいかīŧŸã€ã¨ã„うåŧˇã„不厉ãĢ駆られãĻいぞす。 å‰¯č…Žã‹ã‚‰ã‚ĸドãƒŦナãƒĒãƒŗが分æŗŒã•ã‚Œãžã™ã€‚