アロンアルファ 取り 方。 接着剤の取り方・剥がし方は?手に付いた、木や服に・・・全部解決! | 高齢者のための役立ち情報ブログ〜3歩進んで2歩下がる〜

上記資料は、コニシ接着読本より抜粋しましたが、実際にあたっては種々の条件その他も充分配慮のうえご利用くださるよう、お願いいたします。 スポンサーリンク アロンアルファの取り方-家具に付いた時- 専用のはがし液「アロンアルフアはがし隊」で取る方法(家具) 指や手に付着したとき同様に「アロンアルファはがし隊」を使います。 それでも落ちないという場合は下記を参照してください。

17
これもなかなか取れない場合は、サランラップで覆ってオイルをよく浸透させてから拭きとりましょう。 移動の最中だったので何もすることが出来ず1時間くらいが指がくっつきぱなっしでしたよ…。

プラスチック素材に付いたアロンアルファをサンドペーパーで落とす場合 サンドペーパーは100円ショップかホームセンターに売っています。 液が乾いたらまたしみこませて何度も繰り返します。 窓も開けて換気をしたら準備OKです。

最終兵器「アロンアルファはがし隊」とは 名前の通り、アロンアルファをはがしたいときに使うものです。 そんなもので簡単に取れるの!? という取り方もあるので、 参考にしてくださいね。

少しずつ、くっついた部分にしみこませ、指同士をもむように動かしていると、無理なく剥がすことができます。

17
被着材の変形などの問題を無視すれば、一般的に接着剤の組成分が溶剤に溶けることを利用して取りはずせます。

長時間ケトン系 MEKなど の溶剤に浸漬し、柔軟後削り落とす方法もあります。 これがないと上手くアイロンをかけることができません。 最初に目の粗いサンドペーパーでアロンアルファをざっくり削り落とす• クリーニングに出す 取り方によっては服が色落ちしたり、生地が傷んでしまう可能性があります。

そしてクッキングシートの 上からアイロンをかけて、 熱でアロンアルファを溶かしていくのです。 除光液などで落とすやり方と使い方は同じです。

しかし熱も衣類にはダメージになるのでほどほどにする。

16
シンプルな方法ですが、 下手に溶剤などを使うことで アロンアルファがついた箇所が 変色してしまっては 元も子もありませんよね。 ただ、 除光液より刺激が強いので皮膚が弱い人は注意が必要です。

火災につながる危険性がありますので、ストーブなどの近くで使わず、通気・換気のよい場所で使うようにしてください。

その原液がホームセンターなどで小さな一斗缶のような業者さんが使うの?と言いたくなる入れ物で売っています。 後悔しないためにも、お気に入りの服などはクリーニングに出して、 プロにきれいに落としてもらいましょう。

しばらく待って、お湯の中でもみほぐす• ガーゼを替えながら2~3回繰り返す この方法で衣類に付いたアロンアルファはキレイに取れます。

9
また、イソプロピルアルコールはとても手が荒れやすいので、素手では扱わないようにしましょう。 233• これを利用しましょう!• ですので、使用前に目立たない所につけて確認して下さい。

ガーゼなどの当て布を用意し、アロンアルファのしみこんだ衣類をはさみこむ ガーゼは2~3枚重ねるようにしましょう• 手が温まってきたら、ゆっくりと前後にもむような感じで取っていってください。 またはベンジンを浸した布でよく拭き取るか、ベンジンの中に充分浸漬させてブラシをかけます。

17
また、皮フが敏感な人やアレルギー体質の人はエポキシ樹脂系接着剤がついた場合、かぶれを起こすことがあるので、使用時は、ゴム手袋かポリエチレン製手袋の着用をおすすめします。 アセトン入りの除光液をコットンに含ませて、優しくトントンと染み込ませていくと、はがれ落ちていきます。