あたしンち 母 発達障害。 【悲報】あたしンちの登場人物、ほとんど全員が発達障害だった

発達障害 あたしンち 母 発達障害 あたしンち 母 発達障害 あたしンち 母

中学2年生(原作初期は中学1年生)。 高田 声 - 新田と交際中のメガネ男子で、ごく普通の優しそうな男性。

9
発達障害 あたしンち 母 発達障害 あたしンち 母 発達障害 あたしンち 母

クラス一の美少女で男子からの人気も高い。 母が片思いをしていた。

発達障害 あたしンち 母 発達障害 あたしンち 母 発達障害 あたしンち 母

母に関係するその他の人物 [ ] 大家さん 声 - 瀧本富士子 立花家がかつて住んでいたアパートの大家。 このくらいなら「あるある」で済ませられるかな? このエピソードなら笑えるかな? という ギリギリな線があたしンちのお母さんだと思うんです。

15
発達障害 あたしンち 母 発達障害 あたしンち 母 発達障害 あたしンち 母

素直な性格。 そのためたびたび冷たい態度を取る。

19
発達障害 あたしンち 母 発達障害 あたしンち 母 発達障害 あたしンち 母

赤ん坊の頃から、何かと気難しく些細なことで泣き喚いて母の手を焼いていた。 トイレのドアを開けたまま用を足し、便器の流した水で手を洗う、入浴後に全裸でリビングに入ってくるなど、家ではマイペースかつ人目を気にしない大胆な行動が多い。

12
発達障害 あたしンち 母 発達障害 あたしンち 母 発達障害 あたしンち 母

あることがきっかけでユズヒコに異様なまでに懐いている。

発達障害 あたしンち 母 発達障害 あたしンち 母 発達障害 あたしンち 母

そのうちの一人は「ヒロくん」という愛称で、ジュースを飲んだすぐ後に昼寝をしてしまったため、口にの大群が集るという珍事件を起こした。 父の母(遺影のみ登場) みかん・ユズヒコの父方の祖母でみかんが幼い時に亡くなっている(ユズヒコは祖母の死の1カ月後に誕生)。 母に水鉄砲を貸したことがある(母によると「カラス撃退の最新兵器」)。

17
発達障害 あたしンち 母 発達障害 あたしンち 母 発達障害 あたしンち 母

原作では「ゆかり」の名前で登場。 アニメでは母からは「熊の研究をしている団体」と勘違いされたことがある。

6